この記事は2011年10月13日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

人生の断舎離

何の変哲もないB5の大学ノートを「人生設計ノート」というタイトルにして、時々、思いついた時に、これからの方向性とか、やりたいことのリストアップとか、いろいろ書いてた。

けど、今朝ふっと、そこに書いたことのすべてが、どっかから拾ってきてとってつけたような、借り物の願望や目標や夢だったことに気がついて、全部のページに赤字でバツをつけて、残りページも少なかったので、ノートごとゴミ箱に投げ捨てた。

あほらしい。

だいたい、ノートに書き出さないと自分でも分からないような夢って、どんなん?

リストにして、覚えないと忘れてしまう目標なんて、達成する意味ある?

ぜったい違う。

ほんとに自分が本音の本音で願っているようなことは、覚えなくても湧き出てくるし、一度湧き出たら二度と忘れない。
そういう、本当の願いを追いかけないから、いつまでたっても他人の夢を実現するお手伝いばかりになるわけで。

まるでこれは他人の人生。
アホだ。

…というわけで、今日から、私は目標を持たない人間に。
今日やりたいことを今日やる。
以上、終わり。

そして明日のことは心配しない。
未来の計画も持たない。

どうせ絵に描いたモチのような目標を掲げても、現実は全然良くならないんだから、これからは自分中心。
私が楽しい人生を生きることにします。

スポンサーリンク