この記事は2011年8月26日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

うれしい、楽しい、大好きが基本

ちょっと調べる必要があって、いつもと違うキーワードで検索かけてみたりしたら、競合商品など並んでいなかったはずのキーワードで、筆文字商品がどっさり出てくるではありませんか。

「ちくしょー、先を越された!」

と、悔しい気持ちにもなるけど、同時に

「みんな、ちょっとの隙間をよく見つけて対応するよなぁ。よく研究してるなぁ。」

と感心しちゃったりもする。

相手はプロの業者で、筆文字も額だけじゃなくて、いろんな雑貨アイテムに展開していたりするので、商品力的にも太刀打ちできない感じ。

こういう状況に立ち向かうには、やっぱり、つとむ本人の人柄とか、思いとか、魅力とかを前面に出してくしかないんだろうなぁ。

しかし、商品力で勝てそうにないからといって何も対策を取らなかったら一方的な負けになるわけで…というか現状すでに負けてるわけで。この状況を黙って見過ごすのも、どうなのかな的な。

(…こんな状況、気がつかなければ良かった)とか、どんだけ負け犬なの >自分(笑)

でも、こういう状況が好き、競合を押しのけて上位に食い込むのが楽しい!とゲーム感覚で楽しめる人もいるので、適材適所、みんなで楽しみながら、全体的に良くなっていくといいなーと思います。

基本、このことが好きで、興味があって、楽しいからかかわりたい、という人と協業する方針です。
実績とかあまり気にしません。
そして最終的に、かかわった人がみんな得する、みんな潤う、そういう状況が理想です。
競合サイトにさえ、ヒントをくれてありがとうと感謝しちゃうみたいな。
そんな楽しいお仕事がしたい、今日このごろです。

スポンサーリンク