この記事は2011年8月23日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

OSC名古屋2011に参加しました〜異業種”人”交流会eXe(エグゼ)が穴場的におもしろい件

8/20(土)は、久しぶりに家から出て
オープンソースカンファレンス2011 Nagoya – オープンソースの文化祭!
に、WordBench名古屋の出展スタッフとして参加して参りました。

オフィシャルな写真があるはずなんですがまだ入手できてないので、よそのブースの写真を拝借。

こんな感じで、あっさりした、いったい何をやってるんだ!?的な、ITオタク系イベントです。

入場者数の公式発表もまだですが、資料は400部用意したそうで、昼過ぎには会場全体が「人込み」になるほどの盛況でした。

私はWordBench名古屋のセミナー部隊がセミナーに出払ってブースが留守になる時間帯の留守番として参加したんですケド、予想外にその時間が長く、次々に訪れるお客さんの対応は、たまたま富山からふらりと参加してくれた @Yousan_O が全部引き受けてくれました。私はおよそ何を聞かれてもサッパリ分からないので(^^;

ほんと @Yousan_O がいてくれて、助かりました。
ありがとう @Yousan_O !

あと、たまたま居合わせたという理由で、UST放送に駆り出された @kurudrive さんも、この場を借りてありがとうございました。

で、そんな具合にみなさんに働いていただいている間、私は、向かい側で出展していた「ういろMUG」ブースで、新OS「Lion」を搭載した、新型MacBookAirのデモを見せてもらいました。
Lionは、噂の、上下逆に動かすスクロールが不思議な感じですが、ぱっと見、大きく変わったわけでもなく、Lionがすばらしいかどうかはやっぱり、使ってみないと分からない感じ。
それより、SSD搭載のAirの起動が速いという話に、ちょっとうっとり。

でも、Lionにすると、顧客管理にも使っている古い「宛名職人」とか、ATOKとか、なんだかんだ言って必須のMS Office(旧バージョン)などが使えなくなるので、私は、現在使ってるMacBookProをLionにバージョンアップするのは当分見送る予定です。

まー急がなくても、Lionは逃げていかないし、Airもなくならないしね。

というわけで、OSC名古屋では、ひさしぶりに新しいMacの情報を仕入れたり、WordPressやconcrete5のメンバーとお話ししたり、あと、昔のSL仲間のGottiさんとか、もとNucleusの佐藤(な)さんとか、FLOSS桜山方面のみなさんとか、懐かしい面々にもお会いできて、楽しい時間を過ごしました。

今回は実行委員としてお手伝いできませんでしたが、若がえった実行委員のみなさん、ご苦労様でした。

しかし、オープンソースとは関係なさそうなMacintosh ユーザーグループの「ういろMUG」が出展してるのが違和感ないあたりが、OSCの楽しい所ですね。

そういえば、私がいろんな勉強会を開くようになったのも、その流れでWordPressの活動にかかわったのも、すべて名古屋のeXeがあったからやれたことで、同じeXeを拠点にするういろMUGや、OpenStreetMapやXoopsCubeの勉強会なども仲間みたいなものだし、そもそも、私がOSCに行くようになったのもeXeの @ktamura777 さんに誘われたからだし、考えてみると、私のオープンソースとの関わりは、eXeから始まっていたんだなって、改めて、気がつきました。

eXeって、今はやりのビジネス目的の交流会とは一線を画しているけど、意外と、同好の士を見つけるのにいい場所かもしれません。
IT系以外にも、お酒を飲む会とか、時事問題を語り合う会もやっていますしね。

異業種”人”交流会eXe(エグゼ)、興味のある催しがあったら、気楽に参加してみるといいですよ!
http://www.exe-nagoya.net/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク