この記事は2011年6月2日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

秋山流処世訓。再起動。

先日、こちらのエントリーで書いた本ですが…
[本]華僑流 おカネと人生の管理術 / 宋文洲

昨日、Amazonを見たらまだ中古があまり出てなかったので最安値で出したら案の定、その日のうちに売れました。最安値っていっても1,200円という高値。定価1,500円なのに。

ビジネス書はレタスと同じなので、鮮度が命。
まして最近のように業者が乱立していると、流通量が多すぎてすぐ値下がりしてしまうので、本を売るならとにかく早く。

この本はすごく良かったけど、多分、何回も読み返すことはないだろうから、うちの本棚に寝かせておくよりは、誰かに読んでもらったほうがいいので、ヨイコトをしたと思います。
新刊で買ったので、著者と出版社には、ひとり分の貢献は果たしたしね。

昨日は同じく「神様のカルテ」も出品しました。時間がかかるだろうと思ったら即日売れたのであれっと思ったのですが、映画化する(した?)からまた話題になってるのかも。


さすがにオークションは写真を撮ったり、落札者といろいろやりとりがあって面倒なのでやれないけど、ときどき不要品を売ってみるのは、頭の体操になっていいと思います。

そういえば先日のエントリーで

私が自分の体験に照らして読んだ範囲では、華僑の心得の「理財」(財産を分散投資して守り、増やす思想)だけが、自分の暮らしに、ごっそり抜け落ちた部分だなと感じましたが、それ以外は、まさに私がやってきたことがそのまんま、書いてあるような感じで、目新しさがなくて拍子抜けするくらいでした。

なんて書いちゃったけど、よく考えたら、私、2001年に夫が突然引きこもって収入がゼロになったとき、困り果てて、秋山眞人さんという方の個人コンサルティングを受けたのですが、実はその時に、全部教えてもらったのでした。。

相談したこと自体、すっかり忘れて、まるで自分が元から知ってたかのように錯覚していたけれど。違います、全部秋山さんの受け売りです(¨;)

そのアドバイスは、全体的な考え方としては

・ゼロからスタートする場合はひとつのことに全部のリソースをつぎ込まずに、3つに分散しなさい。
・ひとつに全部の力を注いでだめだったら再起不能なので、ゼロから始める人はそういう危険なことをしてはいけません。
・お金を稼ぐ方法をなんでもいいから3つ考えて、同時に始めるということです。
・3という数字がキモです。2つでも4つでもなく、3つです。(※秋山さんは自称超能力者。超常現象が専門)(^^;
・3つ同時に進めて、1年で成果の出ないものは切り捨てて、反応が出てるものにリソースを集約しなさい。
・1年で目に見える成果が出るようなものは、3ヶ月目には何らかの手応えがあるものなので、最初の3ヶ月だけは死にものぐるいでやり続けなさい。そこで勢いをつけないとなかなか上昇気流に乗れない。
・ひとつのことが軌道に乗ったら、乗ってるうちに、違うことを始めなさい。もちろん、その時も3種類同時に始めること。
・そうして、結果的に、相互につながりのない、たくさんの小さいビジネスが同時展開する状況を作りなさい。
・そしたら、どれかひとつがコケても、全体としてはコケない。全体として安定経営できる。

そして、その時点で私ができる、具体的なスタート方法の案として、
・家にある不要品をオークションで売る
・無料でもいいから誰かにホームページを作ってあげる
・筆文字を売る

の3つから始めなさいと、そこまでアドバイスしてもらったのでした。
今にして思えば、その考え方、まさに華僑的ですね。

これはビジネスというより、むしろサバイバルの戦略。

自分でも忘れていたけど、私が「むか★シス」でリサイクル品を売ったあとWEB制作を始めてからも、普通のWEB制作業者みたいにWEB制作のことだけ考えるんじゃなくて、関係ない勉強会を開いたりセカンドライフをやったり、いろいろトライしていた理由は、この秋山さんの戦略がベースにあったからだったんですねー。

でも、それを10年続けたらいいかげん疲れちゃって、もう、積み上げたものも成果も全部いらないから、何も持っていなかった2000年の自分に戻らせてくれって、思ったんですけどね(笑)
2000年には、ひとり静かにメルヘン小説を書いてて、それなりに幸せだったので。


しかし、秋山さんのアドバイスを、こうして改めて書き出してみると、ここ数年の自分の戦略には甘いところが多かったなって反省点が見えてきます。
反応が悪いのに、いつまでもぐだぐだと続けていたり。
明確な目標なく、だらだらなんとなくやっていたり。
惰性で、あるいは義理で、時間やエネルギーを使ったり。

もっと上を見て、もっと大きく夢を描いて、今まで無理だと決めつけてあきらめていたことに挑戦していかなくちゃ。

とりあえず10年の経験で、このアドバイスは役に立つってことは分かっているので、今取り組んでいる創作活動も、取り組みの方法を3つに分けて考えて、挑戦していこうと思います。もしかして今、ふたつしか同時進行してないのが、敗因だったかも(^^;

そうして、何度でも何度でも。
永遠に繰り返す。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク