この記事は2011年5月21日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

AppleのAppStoreでiTextProを買う

Macで縦書き編集ができるテキストエディターを探していたら、iText Pro というのに行き当たりました。

本当は製造元が同じの LightWayText のほうが使いやすい気がしたけど、iTextProのほうがちょっと安いのと、AppleのAppStoreで手軽に買えるので、こっちを買ってみました。

AppStoreはご存じのとおり、MacのOSに、ある日追加された新機能で、iPhoneアプリみたいな感じでMac用のソフトが買えるショップなのですが、Mac用のソフトはだいたい揃っててそーそー新しいものを買う必要がなかったので、今回が初体験。

購入はとにかく簡単でー、iPhoneアプリやiTunesの音楽を買うときみたいに、クリックしてIDとパスワードを入力すると、あとは、つるつるって感じでダウンロードが始まり、そのままインストールまでしてくれます。アイコンをDockに入れるとこまでやってくれて終わると、ジニーエフェクトちっくな動作でアイコンが「ぴよん♪」とDockに飛び込むなど、可愛いったらありゃしない。

普通みたいに、ダウンロードして解凍してインストーラを立ち上げて、なんとかかんとかに「同意」して…という一連の作業を全部飛ばして、いきなり使い始めることができますし、シェアウェアにつきものの、ライセンス番号を入力するなどの手間もいりません。

というわけで、とりあえずユーザーサイドから見ると、AppStore最強。

購入したiTextProですが、縦書き表示にすると、フォントによっては、ちょっと文字がずれて重なったりしますが、フォントを変えれば問題なし。

今まで使ってたWordの縦書きと違って、ページを横にスクロールできる(どんどん右へ送っていく)ので、全体を見渡しやすいです。こういう動作をするソフトが欲しかったんです。
Wordだと、縦書きのまま上下にスクロールで、目が回るんですよね。

しばらくiTextProで様子を見ようと思います。

スポンサーリンク