この記事は2011年3月14日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

平常心こそ世界を救う。と私は思うよ。がんばれ。

起きてる間中、地震のニュースを見るのも、3日目になると疲れるし、
原発の事故と、計画停電の話で、マスコミはどんどんヒステリックになっていくし、

マジ無理。

とか思って、それをtweetしようと思ったら、タイムラインに「地震に疲れたとか言ってるヤツいるけどマジむかつくし」とかつぶやいてる人がいて、思わず自粛。
つぶやきたいことをつぶやけるからこそ楽しいTwitterなのに。
なんでやねん!

おまえにブロックされる前にアタシがブロックしちゃる。
とも思ったけど、今日あたりその手のTweetがすごく増えて、一般のTLはだんだん荒れ模様に。
ひとりをブロックすれば済む話でもなさそう。

WordPressとSecondLifeと、その他、知りあいだけまとめてるリストでは、そんな舞い上がった人はいなくて、みんな不便な中でも自分のペースを守って生活してる様子が見て取れて素敵。
まあ、そういう人たちだからこそ、私もリストに登録してウォッチしてるんですけどね(笑)
それにみんな大人で、若い人みたいにカッカする年齢でもないしね(^^;

阪神淡路大震災の時も、最初の衝撃が去って長い避難生活が始まると、行政は右往左往だし、ボランティアは大混乱で、行政が悪でボランティアが善という構図で果てしないもめ事が続いたように記憶してるので、今回もその繰り返しになるのはイヤだな。
そんなデジャヴは見たくない。

マスコミに煽られて、事実を確認したわけでもないのにいっしょになって批判したり攻撃したりして、踊らされるのはまっぴらご免。

多分、日本人は、「祈る」ということを忘れてしまったんだと思う。

人間の力が及ばない大きな力の前でなすすべもないときに、ただ頭を垂れて「祈る」ということの価値を、現代人は忘れてしまったんだ。

ただ「なむあみだぶつ」と唱えたって、今苦しんでる人は救えないって、思ってる。
(なむあみだぶつは一例でどんな祈り方でも同じ)

それはそうなんだけど、だからといって、あなたが今ここでその人たちを思って苦しんだら、彼らが救われるのかと言うと、そうでもないわけで。

あなたは、今、ここにいて、困ってる人を救いたいのに救えずに、そんな自分の非力さに腹が立って、苦しんで傷ついて、イライラして、そのイライラを知らず知らず他人にぶつけて、結果的に、まわりの人にネガティブなエネルギーをまき散らしていることに気づかないといけない。

人を助けるまえに、自分自身を平和な気持ちに保たないといけない。

そうでなかったら、たくさんの人を救うなんて無理なんだから。

人を救いたいと思う人ほど、自分自身の精神状態を良好に管理すべき。

私はそう思います。
普通の修羅場を見ても、イライラカリカリしてる人は長持ちしないですね。
どんな混乱の中でも平常心で物事を整理していける人だけが、真のリーダーなのだと思います。

若い人たち。
救いたいと思うエネルギーがあれば、きっと何かできる。
がんばってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク