この記事は2011年2月15日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

他人を背負っては登れない

困ってる他人がいたら、私がなんとかしなくちゃって、けっこう思い込むタチなんだ。

でも他人の人生は他人のものなので、成功も失敗も含めてその人の責任だ。

という当たり前のことにようやく気がついた朝。

手伝うことはできるけど、その人になり代わって成功を実現してあげることは不可能だし、その必要もない。

成功する人は最後には成功するし。

今も昔もそういうふうに人は生きてるんだし。

筆文字が成功しなくても、私のせいじゃない。

こんな当たり前のことがわからずに苦しんでいたなんて。

だって筆文字が成功したら、それはつとむの力だって、誰しもが思う。
失敗したときだけアタシの責任なんて、おかしいよね。

人の助けになるのはやぶさかじゃないんですけどね。

じゃ!英会話教室へいってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク