この記事は2011年2月11日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

MacのMailから、メールアドレス一括抽出

楽勝でした。メアド抽出は… AddressCollect ←これで決まり!

前のエントリーを書いたあとでぐぐってこれをダウンロードして、4年分の注文メールの中に含まれるお客様のメアド抽出を完了しました。要領をつかめば実質作業は3分くらい。

(1)Mail.appの中で、抽出したいメールを選択→別名で保存(まとめてひとつのテキストにする)
(2)できたテキストファイルを、AdressCollectの「Opne」ボタンで開く (この段階ですでに、重複を削除した一覧になって開く)
(3)一覧の中から、自分のメアドを削除(テストなどで自分で注文したときのもの)
(4)書き出し(初期設定でフォーマットを選べる。今回はコンマ区切りで。)

メアドを抽出したいメールの整理さえできていれば一発です。
Windows版では、メールアドレス収集ソフト アットコピアが、同等のソフトかなという感じ(ダウンロードはしたけど使いませんでした)

すばらしいですね。シェアウェアで1,995円払いましたが、手作業で延々やることを思えば(そして途中で挫折することを思えば)安い買い物です。時と労力はカネなり。うむ。

さぁ!みんなもこの方法でどんどん顧客リストを作ろう!!(謎)
注:公開WEBサイトをクロールしてメアド収集するのはいやらしくブラックな感じですが、今回行ったのは、過去に注文をいただいた方のメアドを自分のPCの中から拾い出す作業なので、ホワイトでビューティフルなのですw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク