この記事は2011年1月27日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

日記が一番長いつきあいの友達

ここ数日、気分が重くて、だんだん憂鬱になってきて、いったいどうして突然、調子が狂っちゃったんだろうって、久しぶりに不安になったので、日記を書いてみたら(非公開の日記です。当たり前ですが)

わかった。

私は、ミラクル大作戦に、起きているいろんなことに対する自分の見方や意見を、そのまま正直に書くか、あるいは相手の都合に合うように、当たり障りなく書くかで、悩んでしまっていたのでした。

たとえば、筆文字サイトのSEO対策をアドバイスしてもらった事実があるんだけど、具体的な内容を書かないと、何を言ってるだかさっぱり伝わらないだろうと思われ、つまりそれは、読み物としては用をなさないわけですね。

昨日書いたパーティのことも、よかったことだけ書くのが一番無難だけど、ほんとに書きたいのは、私がどういう感想を持ったかで、もっと言えば、パーティに参加したことは、私の中でさほど重要でもないかもしれない。それより、今週読んだ本のことのほうが、私に大きく影響してる気がする。

まとめて言うと、
四方八方に気をつかって当たり障りのないことを書こうとしていた自分があって、
その自分に対して、NOと思ってるほんとの自分がいて、

そのふたつの意見が私の中で葛藤を生んでいたのでした。

で、結論だけど、

当たり障りのないこと書いてお茶を濁すようなことなら、書く意味がないので、いますぐやめたほうがいい。だって広告じゃないんだから。一銭のお金にもなってないのに、いったい誰の顔色を伺っているんだか。

自分の書きたいことを書く場を作りたくて始めた「ミラクル大作戦」なので、自分が書きたいと思ったことは100%書き、別に書く必要を感じないと思ったことは、たとえ書けば誰かによろこんでもらえるかもしれなくても、自分の判断を優先して、書きたくないことは書かない。

ここで妥協したら、やってる意味ないじゃん。
ここでがんばらないような郁子なんか、郁子じゃねーし。

…と。
小さい頃から日記で会話しているもうひとりの私が、ひさしぶりに文章に出てきて、そんなふうに言ってくれました。

私の非公開日記は、まるでチャネリングのよう。
どうしても悩んじゃってもやもやする時は、日記にぶつけておくと、やがて答えが浮かんでくるので。

日記は、私の心のオアシスです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク