この記事は2011年1月17日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

消費もシェア。儲けもシェア。

新商品、開運「氣になるキーワード」を発売しました!
昼前にようやく作業を完了しました。
今、各方面に内容チェックしてもらい中なので、それが終わったら、正式に告知しようと思ってます。

それにしても、この作業、先週の一期一会の集いのあとか、翌日に、さくっとやっちゃう予定だったのに、遅れに遅れて週明けになってしまいました。

確かに、いつもの商品と違って、説明が長いので、商品説明を書くのに時間がかかったのは事実ですが、でも、一期一会の集いの時点では、使うバナー2種類、商品写真、額の写真など、必要な画像は全部揃っていたのですから、こんなに遅くなったのはひとえに、私がサボっていたからに他なりません。

けっこう最近、集いとか懇親会に出ると疲れてしまって、翌日がっつり昼寝したり、何もせずにぼーっと過ごすことが多いです。

それと、WEBの作業自体が、おっくうになっているのも事実。

商品説明欄って、見た目より細かくマージンの指定とか必要で、文章中にごりごりCSSを書き込んでいるんですよねえ。

フォーマットを決めて、よく使うものはCSSのclass化しておくとラクなんでしょうが、どうせすぐ忘れちゃって、次に書く時classがあるかどうかを調べることになるんじゃかえって面倒とばかり、文中にインラインでゴリゴリ書いてしまうのです。

ああ、ほんと、もう無理。
どこかに、私のかわりにこういうことやってくれる人がいないかしらー。

…という私にもしかしたら救世主が現れるかも。

先方の都合もあるので、こっちから一方的に決めれませんが、きっと神様は私に最適で、今、このタイミングで必要な人にそっと引き合わせてくれるに違いなく、私もそのつもりで、儲けを独り占めするような心の狭い考えは捨てて、みんなでシェアしながら、加速度的に大きくしていくイメージを持っていようと思います。

そう。
「シェア」です。

実は先週の懇親会で、@kimura_j さんが見せてくれて、昨年流行った「FREE」の次は、この「SHARE」なんだっていう話をしていたので、読んでみたいなーと気になっています。

アマゾンの評価もすごく高いですね。
もうちょっと待って中古が出回り始めてから買おうかな。
アマゾンのマーケットプレイスって、プロの業者が多いけど、個人でやってる人はまさにシェアって感じ、しませんか?
私が読み終わった本、誰か読む?って感じで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク