この記事は2010年12月23日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【浜名湖】ウィンドサーフィンで(また)左肩負傷の件

ウィンドサーフィン仲間のKさんとNさんが今日行くというメールをもらったので、「土曜日は水彩画教室で行けないかもしれないし、今日は爆風の予報だから行っておこうかな」と、浜名湖へGO。

着いてみると、気温は高くて冷たくはないけれど、ちょっとこれは…というレベルの爆風。「とりあえず一往復だけでも」と思って出発したものの、あまりの爆風に吹き飛ばされてばかりでなかなか進めません。
途中、ちょっと風が落ちたときにばーっと走って遠くまで到達。そろそろ引き返そうかと思ったそのとき、うっかり前方に飛ばされ、マストが真横に胃を直撃する形で倒れると同時に左肩が「ぐぎっ」と。

ハーネスがかかったままで飛んだので、左肩が下になるって分かったけど避けられず、腕が身体の下敷きになる形で強くひっぱられたようでした。
前から痛めていた左肩を、また、やってしまいました。せっかくちょっとラクになってきてたのになー。

とりあえず、手先までしびれて力が入らないので、しかたなく、道具をひっぱって歩いて帰還。
また歩きだよ〜。2キロは歩いたし。。

歩く自体は(慣れてるから)平気なんですが、爆風の中、道具をひっぱるのが大変でした。ちょっと波に煽られるとボードごと舞い上がって飛ぶので。。

ビーチに帰り着いても、左手が45度以上持ち上がらず、中川プロに道具を片付けてもらって早々に撤退しました。

帰り際に聞いたんですが、上級者の人でも、自分にはオーバーだと思ったら出艇せずに見送ることもあるそうです。「出ても怪我するだけだから」って。まったくその通りですね。
そういう見極めがつけれるというのも技術のうちかもしれません。。今日はちょっと無謀でした。。

去年も同じくらいの爆風でやっていたので、これくらい平気って思ったんですが、その時はビーチスタートの練習してるだけで、乗って走ることがなかったので、ひどく飛ばされることもなかったんですよね。
やっぱり、スピードが出てる時にはねとばされるとダメージ大きいです。爆風好きなんですが…今後は自重します。。あと、普通の風の時にもっとたくさん乗って、肩まわりの筋肉を強化しないと、です。

とりあえずこの肩の痛みがなくなるまでは当分お休み…と言っているうちに、寒波が来て、そのまま春までお休みになったりしてσ(^◇^;)
今、痛めてから8時間くらいたちましたが、かなり落ち着いてます。パソコンのキーボードを打つには何の支障もないようです(^^;
湿布貼って寝ます。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク