この記事は2010年12月1日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

生け垣を飛び越す

” あの向こうに見えているちょっと高い生け垣。昔は絶対飛べなかったけど、今なら体調もいいし飛べるかも。

そう思ったら矢も立てもたまらず、飛んでみたくなる。

で、思い切って飛んでみたらちゃんと飛べた。満足した。

でも生け垣を飛び越すのが今日の私の目的ではなくて、今日は別の場所に用事があって出かけてきたんだから、早く元の道に戻って、目的地まで行かないと。汽車に乗り遅れちゃうよ ”

…私の、今年一年をたとえると、こんな感じです。分かってもらえるかしらー。うーん。

とりあえず、年初に立てた目標は全然クリアしていません。
2010年の抱負 | fusigineko blog / dejavu-i

3番目の情報収集だけは続けていますが、1番目、2番目は丸ごと手つかずです。

まあ目標なんて走り出すきっかけに過ぎないので、たどり着いた場所が、来るべき場所だったということなのでしょうから、後悔はしていません。でも、力試しのために用もない生け垣を飛び越し続けるのは、私にとっては、致命的な遅延につながりかねない危険な行動です。

得たものは目に見えるけど、失ったものは目に見えないので、その損失に気づくのは私だけ。
未来にやってくるもの、手に入れることになっているものが、現時点で見えているのは本人だけだからです。

そういうわけで。
楽しい生け垣ジャンプでした。
たまにはこういうこともいいね。

生け垣を飛び越している時に、ちょっとだけ遠くが見えたような気もします。

今まで自分がやってきたことの、無駄や遠回りが、多少見えてきました。
自分に自信がなくて、他人の嗜好に自分を合わせることばかり考えているから、本来できるはずのことができていなかったとか。
会社経営はこうあるべきという先人の格言めいたものに振り回されて、自分の置かれた特殊な状況を客観的に見れていなかったこととか。
他にもいろいろ。

まあ、どれもちょっとした気づきですが、いつもより高い所から人生を俯瞰できたので、ありがたかったです。
これからの10年で、私と株式会社KANADAは、それまでの10年と全然違うところに到達すると思います。
なんか、その方向が見えた気がします。
ありがとう。今年の神様。
来年はちょっと、びっくりするような年になるよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク