この記事は2010年11月25日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

YahooとGoogleの検索結果が同期。でも売り上げは景気に同期

こんなTweetが流れてきました。
今まではYahooとGoogleでは検索順位を決めるアルゴリズムが違っていたのですが、先頃、日本のYahooはGoogleのシステムを使うことになったと発表になりました。
そしてちょうど今、システムの移行が始まっているようで、Yahooの検索順位が大きく変動しているということです。

うちの場合は、Yahoo向けには何の対策もしていないので(=お金をかけてない)関係ないんですが、でもなぜかGoogleの検索順位も下がってしまっていました。「筆文字 ウェルカムボード」「和風 ウェルカムボード」でトップページに出ていたのが、今、2ページ目くらいです。

そういえば最近、サイトへのアクセス数が減ってる気がしたけど、そうか、検索順位が下がっていたせいなのね…と、ちょっと反省しましたが。

でも注文自体は減ってないというかむしろ増えてる?っていう感じなので、どう判断したらいいのか微妙です。

前から思っていたんだけど、筆文字サイトの売り上げは、サイトのアクセス数よりも、景気と連動してる気がします。
テレビでよく流れている消費者動向調査とか、デパートの売り上げとかで「消費が冷え込んでいる」と言われている時期はほんとうに売り上げが下がってるし、「消費は回復傾向」と言われる時期には確かにうちにも注文が入っているような気がするんですよね。。

ああいのうは全体的な統計結果だし、コメントは「マインド」に過ぎないから、あまり気にしてなかったんですが、意外に、現実をちゃんと反映しているのかもしれません。 

物が売れてるときはこれが自分の実力だって思って誇らしいし、売れなくなると自信喪失して「もうだめだ」とか思うんだけど、ほんとうは、自分の実力が及ぼす結果なんて全体の中では微々たるもので、実は「景気」という大きな大きな波に翻弄されているだけなのかもしれません。

景気なんて、自分の力でコントロールできない、運みたいなものですからね。
売れてる時は「神様ありがとう」、売れてない時は「神様お願いします」。
これが商売っていうものなんでしょう。すべては神頼み。

まあとにかく、あまり目先の小さなことに惑わず、大きな目標に向かって、地に足つけて進んでいきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] This post was mentioned on Twitter by ソーシャル・ネット・ニュース, メディア ニュース. メディア ニュース said: YahooとGoogleの検索結果が同期。でも売り上げは景気に同期 …: うちの場合は、 […]