この記事は2010年11月9日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

明日は『一期一会の集い』2回目

明日は筆文字の「一期一会の集い」の2回目です。
今回から、私は自宅待機で、会場のタナトスさんとつとむ本人だけでやってもらう予定でしたが、特別に会いたい方も数名いらっしゃるので、参加することにしました。
ついでに写真や動画撮影と、最近作ったfacebookのファンページや、ずっと前からあるけど放置のmixiコミュとかの宣伝もさせてもらおうと思っています。

それで、FacebookやMixiの説明をどうやってするか考えていたのですが、写真のスライドを流すためにiPadは持って行くので、できればiPadでやってしまいたいところです。
しかし、iPad付属のブラウザ「Safari」は、プロジェクター用のアダプターに対応していないので、会場のプロジェクターには映せません。

そこで、ちょっとググったらこんな記事が。

iPadのWebブラウザ、SafariをVGA Adapterで繋いでプロジェクタに表示する – 仙台 Ruby Vim JavaScript社長

Project92 blog: iPadをプロジェクタやTVに接続。VGA Adatpterは使えるか?

さっそく、この2つのサイトで紹介されていた、WebProjectorとExpeditionという2つのアプリを購入してみました。

(写真はWebProjector)
ふたつとも、WEBサイトの閲覧はほぼできますが、ほんの一部、Facebookのポップアップウィンドウにスクロールバーが表示されないという症状は同じでした。なんだろう、Flash使ってるのかな。でも、それ以外はほぼ見れるので、あとはプロジェクターに映せるかどうかなんですが、これはプロジェクターにつないでみないとテストできません(^^;
(耕望へ行けば使ってないモニターがあるので、テストしようと思えばできるけど、めんどいのでパス)

万が一の時のために、紹介したいサイトのキャプチャ画像を撮って、iPhotoで「写真」に同期させておきました。ちょっと紹介するだけなので、写真を見せながら説明すればじゅうぶんという気もします。

どちらにしても、明日の参加者のみなさんがFacebookをやってる(あるいは今後やるかもしれない)可能性は限りなくゼロに近いと思います。
でもMixiのアカウントはかなりの人が持っていると思うので(どうでしょうか)、つとむのTweetはMixiに流すようにしとくといいかもしれませんね。
やっぱり、どこかに一元化しないと、どこに何を流してるのかわけが分かりませんからね…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク