この記事は2010年11月1日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

仕切り直しで

ちょっと寒くなりました。

今日は午前中起きてWordCampの残務処理に当たっていましたが、午後になって喉が痛い+寒気がしてきたので、がっつり昼寝コース。

ところがなんと!今日は月に1度の税理士チェックの日だったことをすっかり忘れて。
当然帳簿の記入はなにひとつやってないし。
とりあえず服を着たまま寝ていたのが不幸中の幸い?
飛び起きて、今日は雑談のみでごめんなさいしたのでした。

でもおかげで、この1ヶ月で決心した方向転換の話を聞いてもらえたから、その意味では良かった。
税理士の菊ちゃんは、この「筆文字でサクセス」ということを最初から「うん。いいと思うよ。やりかた次第だよ」「ブレイクし始めたら早いから。あきらめずにがんばって」と、応援してくれています。
成功したケースも失敗したケースもいろいろな事例を見てきている人から、そういうふうに言ってもらえると、ほんとうに支えられてる感じがします。

筆文字のブレイクについては、あるひとつの「仮説」に行き着いているので、これからはその成り行きを見守るのみ。時には、手を出さずに見ていることが最善の策ということも、あるんでしょう。多分きっと。

ようやく芽が出はじめた筆文字農場をあとにして。
私は元いた道に戻って落ちている本を拾い、先に進んでいこう。

なんか書きかけのネタがあったような気がする。
途中で放置してるコンテンツもある。
実は去年、画用紙に、えんぴつで空想の旅路の絵を描いてみた。IT谷やオープンソース村もちゃんと描いてある。もしもその地図が現実にリンクしてるとしたら、この農場を出て小さい森を抜けたら目の前に海が広がって見えるはず。灯台の近くの小さな入江に、もしかしたら船が待ってるかもしれない。

もういちど最初から、ファンタジーから始めよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク