この記事は2010年10月4日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

起業3年目にして気づく基礎の基礎

そっか、私は走り回るのをやめて管理しないといけないのか。
すべての課題を自分で解決しようとするんじゃなくて、社員自身に、自分の課題に気づかせて、解決までの道筋を見つけさせるのが役目なんだ。

社員っていうか元だんなだし、うちの主力商品の製作者なので、そんな上から目線で対応してはいけないって思ってたけど、私が間違っていたんだ。

社員ひとりひとりから最大のパフォーマンスを引き出すのが社長の役目なのは、考えてみれば当たり前だよね。
そうして能力が高まったり、ノウハウを得たりして、長い目で見て得するのは社員自身なんだし。

まーほんと今まで、そんなこと考えてみたこともなかった。
さっき、突然そのことに気がついて、天地がひっくりかえるような感じがした。

そうと決まったら、私のほうも、それなりの進め方を考えよう。
それにしても、たったふたりの会社だからフリーランスの時の延長で考えていたけど、単にフリーランスがふたり集まっているのとはやっぱり違うんだね。会社の人間関係って縦の関係なんだ。びっくり。

今日はちょっとひさしぶりに、目からウロコな発見がありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク