この記事は2010年9月21日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

新体制発足

筆文字のプロモーションをつとむ本人に戻して、私は新しい企画を担当することにしました。
私は筆文字についてはこれ以上がんばれません。
でも、本人はもっとがんばれる。まだ「疲れる」「遠い」「恥ずかしい」「しんどい」などと言って、手をつけてない企画がいっぱいあるんだから。

恥ずかしいとか、しんどいとか、ありえないですよね。
自分の作品を売る話なのに、遠いから行きたくないとかって。
私だったら絶対そんなこと言わない。
私の作品が店頭に並んでいるとしたら…。
並んでいるとしたら…。

私の作品が書店に常時並んでいるような未来が、私の見ている夢です。

でもまー、昔と違って最近ではいろんなツールもできてきて、アプローチにはいろんな方法があるような気がするので、以前にやってダメだった方法に固執するんじゃなくて、柔軟な発想で自分もみんなも楽しみながら、ファンタジックワールドを作り上げよう。

10年前には、つとむの筆文字を見て誰もが「こんなもので生活できるわけがない」と言ったのに、10年それで生き延びてしまったじゃない?
人生ってやったもの勝ちなのよね。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク