この記事は2010年6月7日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

自分の人生を生きるって…

昨日の続きですが…
メディアマーカーの近藤さんは、自分のやりたいこと「だけ」を何年もやり続けているところが、すばらしいですね。
広告に関してとか、受託制作に関してとか、自分なりのこだわりを守って生きているところがすごいです。

それに比べて私なんか、自分のやりたことをやっていると言いつつ、「波風立てずにできそうな選択肢の中で、今の自分がやれそうなこと」を選んでいるに過ぎなくて、ほんとうに自分の夢を実現できているかというと、全然です。一歩も近づいてないし。

じゃあ自分の夢って何って言ったら、直近では2007年末にセカンドライフの本の原稿を書き終わったときにすごく楽しかった反面、書きたいことをほんのちょっとしか書けてない不満も残って、
「次回こそ、100%自分の書きたいことを書こう」
と決めました。本のことです。他の何でもなくて。
それで、それまでの人生設計をいったんリセットして、新規スタートモードに入ったのでした。
(それ以前は、自分に作家なんて無理って思っていたので、IT系で起業してやっていくしかないかなって、悲壮な決意を固めていたりしたんですが、そのプランはチャラになりました)

だからとりあえずWEB制作からすっぱり撤退して自分の頭の中を「フリー」にしたわけなのに、気がついたらその「フリー」になったスペースを、またぞろ余計なことで埋めているだけのような。

ま、そのおかげでこうしていろんな人に出会えて、そこに気がついたりもするわけで、やって良かったということではありますが。

しかし他の誰でもない自分自身が決めたことですから、ちゃんと、自分の決めたマイルストーンに向かって、実際に行動レベルで結果を残していかないといけませんね。

そうでないと、このまま一生、人生の傍観者で終わってしまいそう…(~_~;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク