この記事は2010年5月18日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

【着物】#twiNAGOYA「着物部」にご参加ください!

呉服屋さんの展示会へ行ったときに注文した下駄と半幅帯ができてきました。

半幅帯はリバーシブル。着物に合わせて両面使えます。
下駄は、履いて歩くと、かたかた、懐かしい音がします。当たり前ですが(^^;

定休日なのに商品を受け取りに行って、そのまま長々と話し込んで、ご迷惑だったと思いますが、すっごく面白かったです。年配男性が着物の下につけている褌の話とかいろいろ。爆笑でした。また機会があったら紹介しますね(聞きたくないって?)(^^;

このお店は手描き友禅の三沢先生に紹介してもらった呉服屋さんなんですが、ご夫婦ともお若くて(同年代というかちょっと下くらい?)、話をしていても楽しいです。今まで着物の話をするのは母と叔母が相手で、なにせ世代が違うので価値観も趣味も合わないし、着物ってつまらないっていう印象だったんですけど、同世代同士で話していると、同じ着物の話でも面白いんですよね。

さてしかし。
こうして着物グッズをため込んでいても、着て行く場所がなければ意味がない。
着て行く場所を作ろう!

ということで、TW1000名古屋に参加しましたi のオフ会で出会った@rahumemoさんと、#twiNAGOYAに「着物部」というサークルを作りました。(管理人はrahumemoさん)


着物部 – #twiNAGOYA

#twiNAGOYAというのは、名古屋のTwitterユーザーのコミュニティで、出来たときから登録だけはしていましたが、オフ会に参加する機会も逃していて、いまだ、ネット上でしか利用していないんですが、とりあえずWEBサイトがあって、そこに掲示板みたいな形でコメントが残せるので、交流の場としては、Twitterだけでやるよりは、分かりやすいですね。

たとえばmixiでも、どこかの着物コミュで着物でオフ会やります!って書けば、メンバーは集まると思うんだけど、そうするとオフ会の日程調整などを全部mixiでやらなきゃならなくなると、とってもツライんですよね。。

なので、今回は最初からTwitterユーザーで呼びかけてみようよ、ということで#twiNAGOYAを使わせていただきました。感謝です!

着物部に参加するには、#twiNAGOYAに登録します。
#twiNAGOYAに登録する際には、「ハンドル名@twitterアカウント」の形で名前を登録するようにしてください。たとえば私の場合は、「かなだいくこ@fusigineko」です。

で、登録ができたら、着物部のページに移動して、「着物部に参加」をクリックします。リンクの場所が分かりにくいかもだけど、右上の、メンバー一覧の上のあたりです。

着物に興味があって、名古屋や岡崎方面でオフ会あったら行ってみたいよ!て方は、ぜひご参加ください。

あっ、まだTwitter始めてないって方は、最初にTwitterに登録してくださいね。
#twiNAGOYAに参加するのはそのあとで。よろしく♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク