この記事は2010年4月22日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

新卒10年。若いっていいなぁ。

おはようございます。
今、午前8時です。

新学期になってから毎日6時に起きるんですが、どうもこの6時という時刻が体内時計と合ってないようで、子どもたちが学校へいった後、ずーーっとぼんやりしたままです。

早起きしても一文の得にもなってません。。(~_~;)

おまけに今日は雨なので、いつにも増して眠い。ぼーっとする。
どうせこのまま起きてても使い物にならないし、二度寝するか。あるいは思い切って「のだめ後編」を見に行ってしまうか。どうしようかー。

ところで朝イチのFriendFeedチェックでこんなのを読み…
10年泥は正しい。入ってすぐに自分のやりたいことがやりたいなんて甘い。だけどIT業界には依然として夢はある。 – 山本大@クロノスの日記

ちょうどこの4月で僕は仕事を始めて10年になる。 この10年は、輝かしい泥試合の連続だった。(中略)さぁ、いよいよ自分のやりたいことをやって儲けてみようじゃないかと思えるようになってきた。
10年の下積みを経て、これからが本当にやりたいことをやるフェーズなんだと考えてる。

新卒で就職して10年たつと、こんなふうに、「さぁやるぞ!」「これからがオレの時代だ」みたいな感じに?なる…んでしたっけー?

自分の新卒10年後は、子どもが生まれて失職して(ネットもないのに)自宅カンヅメで、もう死ぬかと思った…つらい思い出。

やっぱり、ちょうどキャリアアップしていく時期を子育てに費やさねばならないというのは、なんとも…なんとも…(~_~;)

今ならネットがあるから、自宅にいてもそんなに、世間から切り離された感じがしないだろうけど。

いやいや、よく考えると、子育ては関係ない。
もう子どもは手が離れた今でも、ネットがなかったら、私はすぐ死んでしまうに違いない。
ネット以外で、いったい何をしたらいいか、わかりません…。。。
というか、そこ以外で活動できる場所がないような…。。

とにかく、
新卒10年で「わかった!」と思ってから、さらにそのまた「先がある」し、さらに10年後ぐらいに「ダメだこりゃ」と思ったとしても、さらにそこからまた「先があって」、浮きつ沈みつしながら、人生は続くのでありました…。

やる気のない日は「のだめ」でも見て、楽しく人生を過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク