この記事は2010年4月21日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

餅は餅屋に頼める幸せな身分になりたい(2)

…と、タイトルのようなことを考えていたら、2/23の自分のブログに同じこと書いてありました。
餅は餅屋に頼める幸せな身分になりたい | fusigineko blog / dejavu-i

思考が無限ループ。
それでなくても貧弱な大脳皮質リソースの無駄食い。

起業してもうじき3年ですが私は未だにフリーランスだった時の気分のままで、何でも自分でやらないとお金にならないって思っちゃってるんだけど、よぉく考えると実はそうじゃないんですよね。

私でなくてもできる仕事とか、他人のほうがうまくできる仕事はどんどんアウトソーシングして、余った自分のリソースを他に振り向ける…ということが、今ならできるし、内容によってはそうしたほうがうまく回ることも、あるのかもしれません。

仕事って、今ある仕事だけコツコツやっていけばなんとかなる、っていうことはありえなくて、常に今やってない仕事にトライしていく姿勢がないと、今うまく行ってることすらだんだん尻すぼみになっていくんですよね。

常に拡大路線なんて無理、そんなに儲けなくても、なんて気分が蔓延してるけど、自分でやってみた感じとしては、やっぱりある程度の拡大は続けないと、古くてダメになっていく分野のロスを吸収できません。

やっぱ私は、前から言っているように、本、書かないとなぁ。
本屋大賞が取れるような、すごい本。書きたい。

…とか思って。
やっぱり真面目にビジネスをやるつもりはないような、私。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク