この記事は2010年3月31日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

セカンドライフ症候群

  ※この記事は前のエントリーに関連して書いてます。

寒い中にも春の気配が感じられる今時分になると、ふっと2007年の春のことを思い出します。

SLCOM blog : OSCご来場ありがとうございました! – セカンドライフコミュニティJAPAN Second Life Community JAPAN

OSC会場でNekoさんがミニセミナーをやっているところです。
よく見ると、テレビ局のカメラが写っていますね。
オンエアには使わなかったと思うけど、この日はふたつの局の取材が入って、部屋を占領。
他のコミュニティの人たちに、ひどく迷惑をかけて冷や汗ものだったことを思い出します。

この年の正月明けに突然セカンドライフの熱病にかかり
友だちのMikaさんといっしょに、XOOPS Cubeでコミュニティ(SLCOM)を立ち上げ
東京のデブサミのXOOPSブースで、ふたりでSLCOMのチラシを配り
翌月のOSCにふたりで出展を決め、当時できたばかりのNaviSLを利用してヘルパーを集め
展示を盛り上げるためにリアルとinWorldをつないだ「アバターコンテスト」を企画し
当日、フタをあけてみたら、大オフ会みたいになっていた…

テレビ局の取材陣は誰彼かまわずインタビューしまくるわ、
そのあと自宅まで押しかけて撮りまくるわ、
大騒ぎ。

3月のその時点ではみんな、SL歴わずか数ヶ月で、何事も全部手探りで。
何をしても、何を見ても、誰と会っても新鮮でした。

それがまさかこういうことになるとはね…。

—————-

当時のワクワク感を多少なりとも共有した方に、この間ばったり会いまして…

Twitter山ちゃんオフ会に行ってきました! | fusigineko blog / dejavu-i 

この方がその後、SLにはのめり込まずに力を温存し(?)、今年のTwitteブームをタイミングよくとらえてカリスマTwittererになっていたのには、大いに驚いたのですが…

…残念だったよね。

という話はちょっとだけしました。
残念だったです。SLは。
もっと楽しく、もっとワクワクできる、もっと夢のある展開を期待していたのに、起きたことといえば

企業に売り込んで儲けようぜ!

…。

企業に売り込むのはいいんですが、そういうことを言ってる人たちは私に対して「プロの仕事はプロにまかせて、シロウトはそこをどけ!」みたいな態度でしたから…。

よく意味がわからない…。

今でも、いまひとつ納得できてない…。

私にとっては、SLCOMは生まれて初めてGoogleの1ページ目に登場させたサイトでしたし、SL内にあったSLCOMのショップは生まれて初めての「有名で人気あるショップ」でしたし、私のアバターもそれにつれて名前が知られて、初対面の人(アバター)から「あっ、SLCOMのikukoさんだ!」って言ってもらえる有名人体験ができて、まったくこの上ない幸せでした。

それ以前のリアルライフではそういう成功体験はひとつもなかったですからね…(~_~;)

仮想世界の体験であっても、体験は体験なんですよね。
成功の感覚がつかめるというか、イメージできるというか。
SLCOMの成功体験があったから、それまでは売れるわけないと思って放置していたWEBショップを本気でやり始めたというのは事実です。

だから、SL体験が全部無駄だったとは言わない。
無駄どころか、得難い体験をできたし、他では出会うことができなかったような才能やビジョンを持った人たちと知り合えて、やはり私の人生は大きく開けた気がする。

…でも、だけど、こういうふうに終わるとは思わなかったんだよねぇ、当時。この2007年の3月には。

2007年後半に、いくつかSIM構築の仕事をさせてもらったあと、2月から決まっていた本の執筆作業を終え、年末にはSLの仕事を撤退しました。

その後は、SLCOMの維持と、SL24というイベントのボランティアを2年続けましたが、今年の2月に、SLCOMサイトの投稿受付を全面的に終了。SL内で継続していた活動はいったんゼロに戻りました。

SLCOM サービス終了のお知らせ | fusigineko blog / dejavu-i

始めたものはいつかは終わるし、当初の目的を果たしたのだから、これでいいとは思うのですが、

…なんだかね、違うのよね。

   もっと素敵でワクワクする何かが、その先にあるような気がしたんだけど…

それがいったい何だったのか。
自分でも、よく分かりません。

ただ覚えているのは、あのワクワク感。

ドアが開いて、大きな自由の中に飛び出していけるような予感。

ようやく待ちに待った時が来た!という確信。

——————–

なんだけど、現実は変わらず。

私はやっぱり、SLのフィーバーに浮かされて、燃え尽きた人なのかも。

ウィンドサーフィンをしてると、一時、何もかも全部忘れてアタマ真っ白になれるんだけど、それとは違うワクワク感。目の前がぱーっと開けるような気持ち。

この先、どんなに仕事で成功しても、どんなにお金を儲けても、あの時のようにワクワク・どきどきできる気がしないんですよね。
それで、いつもどこか、醒めてる感じで。

うむー。
これはきっと、ワクワク・どきどき中毒症に違いない。
病気だ、病気。きっとそう。

この平和で穏やかな暮らしに満足してるけど、いつかまたどこかで、虹みたいにカラフルで、ワクワクどきどきするような仕事をしてみたい。

この間、ソフトバンクの孫さんのUSTを2時間も見たせいで洗脳されたかもしれないけど、やっぱりせっかくこの世に生まれたからには「命燃やし尽くすような」人生を送りたいって、2007年の春を思い出すたびに、願ってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] セカンドライフの体験と、そこから私が受けた影響のことをつらつら考えていたので、次のエントリーに続けたいと思います。 Posted in SecondLife | « Woopra(ウープラ)すごい、なにこ […]

  2. […] This post was mentioned on Twitter by IKUKO. IKUKO said: セカンドライフ症候群 http://bit.ly/dvf4BI […]

  3. pipinpa より:

    私も4月末でSLでのお仕事は一旦終わりますし、区切りだなと思うとともに原点にもどるというか。最近チェックできてないLSL関係とか、のんびり友達とだべるとか、気分転換にインできればいいかなっておもいますなぁ。

  4. IKUKO より:

    >pipinpaさん

    あ、そっか、EDO SIM閉鎖だっけ。
    長い間、ご苦労様でした。

    ほんと、いろいろありながらも、世界はどんどん変化していくんですね。
    MagSLの件もそうだけど、個人的には田原総一朗のサンデープロジェクトが終わったのにはびっくりしました。

    やっぱり、何か大きな変化の始まりというか、節目みたいなものが、来ているような気がするのは、私だけでしょうか。

    …あと関係ないけどWordPressのこの、コメントとトラックバック・ピンバックが混在する仕様、どうにかして欲しい。。

  5. Panda Kidd より:

    懐かしいですね、この写真。
    ちょうどこの撮影カメラの後ろぐらいに、私はいるかな?
    ありがたい事に、私は未だにSLを使って立ち上げた仕事や、キラカフェのようなSL内活動をできていますが、その原動力は確かに中毒といえるような「わくわく」感だと思います。
    OSC2007から、もう3年ですね!

  6. IKUKO より:

    >Pandaさん
    もう3年ですねー。
    使用前・使用後ですごく人生変わりましたよ、私…。
    懐かしいですよね、ほんとに。

    Pandaさんに会ったのはこのときが最初だけど、PandaさんのSLに対する興味と情熱はぜんぜん変わってないですね。

    Pandaさんは、技術にも詳しいけど、基本的には「人が好き」なんだなーと思ったり。キラカフェは、SL内では数少ない大人向けのイベントで、面白い方向性だと思います。なかなかログインできないけど、いつも応援していますよー♪

  7. SeeDa より:

    SLCOM終わっちゃうんですか。
    傍らから見てるだけで、一度も足を踏み入れなかったSL。

    少し早すぎたのかも知れませんね。
    smartPhoneでサクサク動くようになる頃、また次の世界が開けることでしょう。