この記事は2010年3月1日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

CORESERVERでWelcartを使えるように…

Welcart導入の続き。

最後は決済代行←そのためにはSSL←独自IP←DNS設定…

Welcartを実際に使えるかどうかは、イプシロンのカードやコンビニ決済に連携させられるかどうかにかかっているので、テンプレートのカスタマイズはいったん置いといて、そちらの準備を進めます。

Welcartでは、SSLの導入は次バージョンで対応の予定、ということなんですが、こちらで配布されているDevelopment Versionに実装されているという話。

それを試すためにも、とりあえずうちのサーバー側は、いつでもSSLが使えるように準備だけはしておこうと思って、気の重い作業にとりかかりました。

サーバーはcoreserverなので、SSLはけっこうアレです。。
今使ってるshop.fudemoji.jpからfudemoji.jpに「独自IP」を移動させないと独自ドメインのSSLは使えません。
それと、去年取得したばかりのSSL証明書はshop.fudemoji.jp用なので使えなくて、新たにfudemoji.jp用の証明書が必要になります。
しょうがないので証明書を新たに取得して、さてIPアドレスの変更…と思ったら、DNS設定方法がいまひとつ分からなくて、両方のドメインとも接続不能に…。

独自IPを売っているvalue domainのサイト内に、独自IPをとった場合のDNS設定方法の記載がない、というのはあまりに不親切かと。
サポートの掲示板にはあるんだけど、難しすぎ。

自分のブログで、前回shop.fudemoji.jpの時はこういうふうにやったというのを読んで「へぇ、そうなのか、じゃあ、今回は?」といろいろやってみた結果。

a @ 202.17×.××.××  (←独自IP)
a shop 202.17×.××.×× (←もとのIP=共用のやつ)

と書いて、今のところ繋がってます。
サブドメインはshopだけとは限らないので、まとめて下のように書いてもいいんじゃないかと思うんですが、これだとうまくいきませんでした。ナンデダロー。

a @ 202.17×.××.××  (←独自IP)
a * 202.17×.××.×× (←もとのIP=共用のやつ)

とにかく、表示されるまで試行錯誤であれこれ試す。という感じですが、またいつか必要になるかもしれないので、一応書いときます。。

あっもちろん、DNS設定が済んだら、サーバー側のドメイン設定もしておいてくださいね。
独自IPで運用するドメインは、入れる欄が別になってます。
なんかこのへんのvalue domainとcoreserverの設定ってよくわかんなくて毎回悩むんですよね−、ヤダヤダ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク