この記事は2010年2月22日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

筆文字ショップをEC-CUBEからWordPressに乗り換える件

※2016/06/28追記:WelcartはURLが変わりました。http://www.welcart.com/

EC-CUBEでできている筆文字ショップから、イプシロンのカード決済画面に飛べなくなって数ヶ月がたっています。
症状から見てどうも原因はEC-CUBE(あるいはこちらのサーバー)側にあると思うのですが、原因も分からず。そもそもEC-CUBEのバージョンも古いままで、自分でアップグレードできない(やりかたが分からない)ので、なんとなくストレスフル(~_~;)

乗り換えだな、こりゃ。

と思って、イプシロンと同じ会社が経営しているレンタルの「カラーミーショップ」のアカウントを取ってサンプルサイトを作ってはみたものの、説明を読むのも億劫で、何から手をつけていいかわかんない状態。

カラーミーショップは安いとはいえ月額使用料がかかるし、今使ってるドメインをそのまま使うわけにはいかないので移行するとショップのURLが変わってしまうし…なんかイマイチ、気が進まないなぁ…

…と悩んでいたのですが、土曜日のTwitter勉強会のあとの懇親会で、WordPressで作ったら?ってアドバイスしてもらって「そうか!その案があったか!」と思って、WordPress用のショッピングカートプラグインを探してみました。

国産のプラグインというと、Welcart しか見つけられなかったけど、評判はいいみたいです。
すでに、イプシロンとPayPalの決済モジュールも提供されているようで、ちょうどうちの環境にぴったりです。

これはもうWelcartを導入で決まりでしょう。。(まじで?)

WordPressを使い始めて4年目ですが、WordPressはものすごいスピードでどんどん進化して、管理画面がとっても使いやすくなりましたし、情報はネットにあふれているし、twitterなどの新しいサービスに対応できるプラグインもあっという間にリリースされるし、BlogタイプのCMSでこれに勝てるものは、オープンソース・商用を含めて世界にひとつもないんじゃないでしょうか。。

実は、編集画面で文章に改行をいっぱい入れてもひとつを残してざっくり削除されるので、文中には一行の空きしか作れないとか、ビジュアルエディターを使うと書き込んであったHTMLのタグが勝手に削除されるとか、WordPress特有の使いにくさもあるんですが、慣れちゃったので平気だし。

WordPressは最初から、使う人が気持ちよく、ラクに使えるようにということを追求してきたCMSのような気がします。それが世界にWordPressが広がった理由じゃないかと思います。
世界一のシェアを取るって、やっぱりすごいね!

私なんか、その場その場の付け焼き刃(ネットからコピペ)で必要なものは全部カバーできちゃって、結局、ちゃんとしたテンプレートの作り方を知らないままだし。
(だからWordPress勉強会とか開いても教えてあげられないんですよね)

これでショッピングカートが問題なく使えるレベルだったらもうEC-CUBEも要らないし。
WordPressますますやめられないなー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク