この記事は2009年11月29日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

[wsf]反対向きの練習

28 21 07 37昨日(土曜日)は、ぽかぽか暖かくて、風向きも西風で、よい日よりでした。
午後から風が強くなってきて、上手な人たちはけっこう、楽しめたかな。

私は、先週からの持ち越し課題、「右向きに進む」練習をしました。
ちょっと進歩したかなと思ったのは、右向きのビーチスタートで、何回かボードに乗れたことです。
問題は、乗る動作ではなくて、乗ったあと「走り出す動作」にあるようです。

試しに、得意の左向きでやってみると、乗る前も乗ったあとも、不安定なポジションを修正するために、細かな動作をしていることが分かるんですが、不得意の右向きでは、身体がそういうふうに、器用に動いてくれないので、安定したポジションに入れないのです。

逆向きって、ほんとうに不器用。

たとえると、利き手じゃないほうの手でボールを投げる時のような。
身体の各部の動きがばらばらで、なんともいえない、もどかしい感じです。

もうこれは何度も練習するしかありません。
というより、一定以上風が強くなると、ヒモをひっぱって持ち上げるセールアップはできないので(ぎっくり腰になりそうで)、イヤでもビーチスタートするしか戻る方法がないんで、練習せざるを得ないのです。

昨日も、何回も何回も失敗しながら、じりじりとスタート地点まで戻り、疲れ果てて終了でした。


28 21 08 03夜、寝る前にふと自分の手をみたら、やだー!手首から先だけ、日焼けしてました!
長袖のドライスーツを着るようになったので、先だけ焼けてしまったのです。
半袖ウェットスーツの日焼け跡が二の腕にくっきりついているので、日焼けの三段階グラデーションです。

でも、日焼けしようと身体が痛くて腕が上がらなくなろうと、海で、強風に吹かれていると、他のことは一切考える余裕がないし、なんか、知らない間に、くよくよしていたこととかも、すっかり忘れてしまうので、最終的にはいい気持ちです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク