この記事は2009年11月9日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

[WSF]微風ジャイブの巻

昨日は午前中「無風」のため岸で待機。
午後ようやく「微風」が吹いてきたので、浅いところで行ったり来たり。ひたすらターンの練習をしました。

WSF

このDVDによれば、微風の時こそ、ターンをマスターするチャンス!だそうです。
確かに強風時は、ブームにしがみつくのがせいいっぱいで、ターンだの言ってる余裕ないですからね。。
昨日はようやく、ジャイブの一連の動作が「ああ、そうか」という感じで理解できた気がします。始めて半年もたつというのに、遅っ(笑)

とにかく基本通りに操作すれば、ボードが勝手に回転を始めてくれて、セイルもそれにつられて「こっちへ行きたい」と言ってくるので、その指示通りに動かしてやれば、いいんだなー…みたいな。。。

そうなんです、ボードもセイルも、自分たちの動きたい向き、行きたい方向を知っているんですよね。あとはこちらがそれを察知して、そのように動かしてやればいいだけで(…それができないんだけど)(~_~;)

ウィンドサーフィンを動かしているのは、風で、
風は目に見えないので操作している人間ばかり見てしまうけど、
ほんとうの主役は風なんですよね。。

「大切なものはいつも目には見えない」

ふむ…深いな(爆)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク