この記事は2009年11月2日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

[SL] Neko Linkの売れるショップ講座(第3回)

neko
10/31(土)
デジタル・アカデメイア(通称デジアカ)で、

 【講義】 売れるショップ講座 (第3回)
 【担当講師】 Neko Link

を聴講しました。
今年4月に開講されていたのと基本的には同じ内容のようでした。でも参加している人が違うので、出る質問も違って、なかなか面白かったです。

私はアバターを会場に置いて、Nekoさんのボイスチャットをイヤホンで聞きながら、Twitterしたり、mixiにレス書いたりと、「ながら聴講」をしてたんですが、途中で、「セカンドライフ内のグッズ販売で最高いくらくらい稼げるんだろう」という質問に対して、Nekoさんが「100万円くらい稼ぐ人を知っている」と答えると、会場からは「おお〜!」とどよめきが起きました(テキストチャットですが)(^^;

当然、私もすべての作業をストップ、セカンドライフビュワーに戻って、以後真剣に聴講。メモを取るなど…100万円っていう言葉には吸引力がありますね(^^;

セカンドライフ内で商品を売るのにも、WEBサイトと同様、検索エンジン対策が必要なんだけれども、土地の設定に宣伝を書いて検索登録したり(有料)、看板にも「検索に表示」のチェックを入れるなど、セカンドライフ特有のノウハウがあるようです。

あと、セカンドライフでは各アバターのプロフィールに「pic」というのがあって、「私のオススメ」みたいな感じで、自分のショップの場所などを入れておくんですが、このpicにたくさん登録されてるshopは、WEBサイトでいうところの「被リンク数」が多いのと同様に評価されるらしいということで、「うちの店をpicに入れてくれたら○○あげますキャンペーン」が流行っているなど、最近の事情の紹介もありました。

Neko Linkさんの「売れるショップ講座」はWEBでも公開されていて、基礎・初級でストップしてるのが残念です。中級・上級には何が待っているんだろう?と知りたくなりますよね。

実際には個々のショップオーナーさんは、それぞれのポリシー・それぞれの戦略をもって営業されているので、前回のこの売れるショップ講座に対しては反論・異論もあったようですが、Nekoさんは本業がITコンサルで、若い頃はテナントビルのPOSシステムの情報を分析(誰がどういうルートで何を購入しているか、というようなことが、追えるんだそうです)したり、最近では当然ながらWEBサイトのSEOなども手がけていて、そういう意味で、人や商品の動きを客観的に分析するのが上手だなと思います。

個人的にはこうした「一般論」としての情報も大切だと思いますけどね。

たぶん、ショップ講座の後半で、実際のショップオーナーさんを招いて体験談を聞くコーナーがあると、いいんじゃないかと思ったり。お客さんへの対応とか、サポートをどうしているとか、そういう事例を聞けると、明日からのショップ経営に希望が持てるとか?余計なお世話ですが。

まーアタシが有名店のオーナーだったら、「なんでアタシが試行錯誤で積み上げたノウハウをあんたらに無料で教えなあかんねん!」と思うでしょうけどね、性格、せこいんで。あはは(^^;

SL上の学園「デジタル・アカデメイア」の開催予定はデジアカ学級新聞で確認できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク