この記事は2009年10月27日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

夢メモ

忘れなかった時だけですが、夜、寝るときに枕元にノートを置いたりすることがあります。
寝てる間に何かいいアイデアが浮かんだらすかさずメモできるように、です。

昨日の昼寝の時は、カラフルな模様が見えていて、これはたぶん、本か雑誌の表紙か、あるいはチラシ・ポスターの類のようでした。意味はわかんないけどとりあえず、いつか何かの役に立つかも!と眠りながらひらめき…
「起きたらメモしなきゃ」
「でもこの模様をそのままスケッチするのはアタシには無理だな」
「しょうがない、色だけでも覚えておくか」
と眠りながら自問自答。自問自答している間に本当に目が覚めて、メモした内容は

サル・コンサルティング
青 黒 黄 白 (茶)

…うーん(~_~;)

今朝は、起きてメモ帳を見たら、

メフィスト山

と書いてありました。メフィスト山、何!

ちなみに、昼寝はやっぱり眠りが浅いせいか、見たものを覚えている率が高いです。
夢を見ながら「ああ、これはこういう意味だ」と考えていたりする、その内容もうっすら覚えていたりします。
でも夜の眠りは深いのと、レムーノンレム睡眠を何度を繰り返して前みた夢が上書きされるせいか、たまたま夜中に目が覚めた時くらいしか、おもしろいものは出てきません。
朝起きて覚えているのはたぶん目が覚める直前に見ていた夢の断片で、本編のおもしろいところはもう終わっちゃったあと、という感じがするんだけど、みなさんはどうですかー?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク