この記事は2009年10月22日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

[SL] KIRAカフェフリートークと「クリエイターズ・セカンドライフ」

panda_kidd

最近、私のセカンドライフ-ライフで唯一の活動となりつつある(?)KIRAカフェであります。
毎週火曜日はテーマを設定した講義で、水曜日にはフリートークが開かれています。
今週は火曜日の「「人はなぜ形のないものを買うのか」読書会増刊号」と、水曜のフリートークに参加させてもらって楽しかったです。

たまたまMemo Parnallさんのフィールドワークの一環(?)で、
・なぜセカンドライフに入り
・なぜハマり
・なぜ続けているのか
という話題になっていて、私も自分の体験を話させてもらったというのが、楽しかった原因かと…。こうして話を「聞いてもらえる」場があるということがすなわち、セカンドライフにハマる一因になり得るのでありまして…。

特に、セカンドライフを始めた頃の話なぞ最近では聞いてくれる人もなくて、内心寂しい思いをしていたので、話をさせてもらっただけでも懐かしい思い出がよみがえり、10年くらい若返った気がします…(って、老人か!)(~_~;)

ところで雑談の中で、おととしの今くらいの時期に執筆していたこの本の話になって…



私は企画段階から控えの投手みたいなポジションで参加していたんですが、途中抜ける人がいたりしたため、最終章のSL体験談やコラムを担当すると同時に、執筆メンバーを探すなどの役割も受け持って、なんとか出版に漕ぎつけた本なんですが、Amazonでは酷評されるし、売れ行きも(#ITY(#tなので、自分の中では「失敗作」という位置づけになってる、かわいそうな本なんです。
(表紙はめちゃ可愛いのに!)

ところが雑談メンバーの中に、意外にも、当時本屋で探して「これがいい」とこの本を買って、この本の物作りの解説を読んで基本をマスターしたという方がいらっしゃったんですよ。
誰その奇特な人!…ってMemoさんなんですが(爆)

私自身、初めてそういう方に出会ったので、なんだかすっごくうれしかったです。
最初から最後まで読んで、書いてあることを実践して、役に立ったと言ってくれる人がひとりでもいたなら、私たちがやったことは決して無駄ではなく、出版して良かったんだと、そう思います。

在庫の山が残っちゃったとかそういうことは…大事なことではあるけど、また別のフェーズで考えるべきことで。

…というわけで、実は物作りの章をちゃんと読んでない私は(!!!)
時間に余裕ができたら、この本読み直して、ものづくりの基本をマスターしたいなとか思ったり(爆)

今さら、何、言ってんのって感じですが(^_^;)
ほんとに、ヒマになったらゆっくりSLしたいなぁ〜って、最近、思うんですよね。
SLも60歳から始める人とか、最近ではけっこういらっしゃるみたいですから。
老後の楽しみにとっておこうかな(^_^;)

ああ…ちなみに上のSSは、パンダじゃないPanda Kiddさん。
オバマアバターかと思ったらそういうわけでもないみたいです。
どっちにしても、これじゃぁあまりに誰だか分かんないので、トレードマークのプリンをかぶってもらってる図ですww

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. shin より:

    「クリエイターズSecond Life」は良い本だと思います。
    今でもたまに読み返したりしています。

  2. IKUKO より:

    shinさん

    ありがとうございますっ(号泣)
    わっ、私も読み返します(>_<) お礼に、カメラマン日記をリンク(右コラム)させていただきました〜ww