この記事は2008年10月6日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

TRAVELER'S notebook



今年もスケジュール帳の季節になってきましたね。
私は20代の頃からスケジュール帳が好きで、可愛い絵のついたやつとか、システム手帳とか、月の満ち欠けが分かるやつとか、いろいろなタイプのものを楽しんでいました。

仕事をするようになってからは、しばらくシステム手帳を使っていましたが、あれは金属の金具がついているので、無駄に重い気がして、最近は1年で使い捨てのノートタイプに戻っています。
でも基本的に、1日の中にいくつもの用事を詰め込むことはないので、ほぼ日手帳のような1日ごとのページは必要なくて、月単位の予定表があれば事足りることに気づき、今年は行きつけの美容院でもらったスケジュール帳で済ませていました。

ところが、そうすると、スケジュール帳の他に、いろんなことをメモするメモ帳も持たなくてはならないので、持ち歩くのが2冊になって、それはそれでウザイです。
つい持ち歩かなくなって、いつも予定が不明です。
(iPhoneはどうしたって? 確かに、iPhoneとiCalを同期してスケジュール管理…できるんですが…iPhoneで何か書き込むのってとってもおっくうなので、帰ってからMacのiCalに入力しよう…と思っていて忘れるというパターン)(^^;

そこで、今年は写真のような、革の表紙に薄いメモ帳やスケジュール帳をセットできるトラベラーズノートを買ってみました。
http://www.midori-japan.co.jp/tr/

旅先で使うためのノートという趣旨のようで、各種チケットをはさむのに都合がいいように長細いサイズになっているようです。上記WEBサイトも、シンプルに見えて情報が盛りだくさん。アート関係の人々の活用例や、革表紙のカスタマイズ例などもあって、なかなかの力作と思います。

私はとりあえず月間スケジュールとメモ帳をセットしています。女性っぽい可愛らしさには欠けるノートなので、購入後オレンジのゴムを追加して、ちょっとオシャレにしてみました。ゴムにビーズやトンボ玉などを通しておいても可愛いかも。

というわけで、とっても気に入っていますが、唯一の難点は、元だんなとお揃いになってしまうこと(-_-;)
あっちが先に買ってたんだから文句は言えないけど。。残念だっ。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク