この記事は2008年9月28日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

weblin初体験

最近流行りの? ブラウザで楽しむアバターサービスのひとつ、weblinを体験してみました。
Macの場合は左のweblin.liteというリンクを開いて、アクセスしたいサイトのURLを入れるとすぐに動作し始めます。

試しに筆文字サイトにアクセスしてみました。
筆文字サイトが表示されたあと、しばらくweblinから何かを読み込んでいる動作が続いたのち、ウィンドウの下のほうに、ちっちゃな人が現れます。
最初は、なんの可愛げもないおっさんでスタートするので、アバターを右クリックして、メニューの中の「設定」からアバターを選び直します。
可愛い女の子とか、動物系になりたかったんですが見当たらないので^^;
普通の女の人になってみました。

小さすぎて見えない方は画像をクリックして拡大図をご覧ください。

こうやって、ひがな一日筆文字サイトに常駐してて、誰かきたら「いらっしゃいませ」とチャットで話しかけて筆文字のセールスに努めれば、もうちょっと売上がアップするかもしれませんね。
でも一日中画面見てるなんて、考えただけでもぞっとするけど^^;

windowsでは、専用ソフトをダウンロードしてうんたらかんたらと書いてあるので、もっといろんなことができるのかもしれません。

どっちにしても、SecondLifeほど大変な思いをしなくても、アバターによるチャットのコミュニケーションを気軽の楽しめるよさげなWEBサービスだと思います。
面白いけど…流行るんでしょうかね。さっぱり判断がつきませんが^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク