うまくいく方法ってぜんぶ後付けなんじゃないか疑惑

コロナウィルスの関係で、いろんな用事がどんどんキャンセルになって、今や、週2回の某バイト以外、出かける用事はひとつもない。

さっき気がついたんだけどこの状況、「やりたいこと、やって楽しいことしか残ってない」

なんと。
キャンセルになったいろんなことで唯一残念なのはジャズダンスのクラスだけで、その他はすべて、なくなってホッとしている。

残念でもなんでもない。
実はどれも負担に感じてた。

負担だったけど「やらなくちゃいけない」という義務感か「やったほうが良いのではないだろうか」という打算でやっていた。

今残ったのは、自宅でできるWEBの作業。会員制サイト運営・サロン運営・広告とLPの制作と調整、zoomとYouTubeライブの配信。あとは記事作成。

基本的に1990年代にやっていた趣味の延長線上で、思いついてやってみたくなるのでやってみたらできた、みたいな感じ。誰にも指示されないで自発的にやってること。

それだけが残って、そうじゃないことが全部消えた。

まるでオーダーしたかのような展開。

売上とか収入とかを考えなければ、今がいちばん幸せだ。

このままベーシックインカムで毎月生活できるくらいのお金がもらえたら、あとはタダ働きでもいける。いや、さすがにタダじゃやる気出ないけど。

とはいえ、楽筆方面は試行錯誤の末、だいたい形になってきたので、急いで作業することがあまりなくなった。

つまらん。

もっと何か面白いもの作りたい。

楽筆的には、次に用意するのは、講師のみなさんが使うための動画教材。
教室に来れない人に、その動画を見せて、講師の先生がLINEで添削したら、オンライン教室ができるよね、という話で。

どういう形で配信するのかが、ちょっと要検討だけど、流出してもリスクがないような、すでにインスタで公開した動画を使うのが良いかなーと思ってる。

でもまあ、オンラインで教室をやりたいという話はまだ聞かないので、それほど急ぐ必要もない。

なので、次は「あいすたWP」というWordPressのオンラインサロン。
なんだけど、今、マーケティングの話を書くのはテンション上がらない。

コロナ以前、2月とか、わりと夢中でマーケティングの資料作って、レッスン動画まで撮っていたんだけど、3月になってまるでやる気がなくなってしまった。

マーケティングって、基本的に「人に会う」ということをベースにした話なので、今この状況で、人に会うだの、人を集めるだの、考えるだけで気分が萎える。

もちろんWEBマーケティングなので、会わずに集めるっていうことなんだけど、最初のきっかけはWEBだったとしても、ゴールが来店だとしたら、成立しないじゃん。

WEBで完結できるサービスならいいけど。通販とか。オンラインでできるサービスとか。

リアル店舗とかの場合、どうしたらいいですかって言われても、今この瞬間だと「うーん」ってなっちゃう。

まあその、私がコンサルするわけじゃないからそこまで考える必要もないんだけどとにかく。

いずれにしても、マーケティングって確かに理屈はあるけど、うまくいくかどうかは後付けな感じ。いろいろやってみて、うまく行ったことだけ取りあげてこうすればうまくいくって言ってる感じがする。

そうなんだ。
それが違和感だったりもするんだよね。

いろいろやってみるって部分で、人はできることしかできないから、結局、やるといいと言われてもできないことはできないんだよね。

ひとつ言えるのは、私、別にマーケティングの専門家じゃない。ってこと。
たしかにそういう部分を楽筆ではやってるけど、実際には、冒頭で書いたように、WEB好きの血が騒ぐようなことをやってるだけで。

それが結果的にはマーケティング的に機能してるけど、マーケティングのためにやっているというわけじゃなく、ただ思いついたことをやっているだけ。

そーなんだ。
後付けだわ。

もしかしたら私だけじゃなく、偉いマーケッターの人だってみんな思いついたことをやってるだけなんじゃない?

それをあとから振り返って、こうすればうまくいくって、私もそうだけど他の人もみんなそうしてるだけに違いない。

と、いう結論に至りましたが、どうなんでしょうね。

コロナ早く収まって景気回復するといいけど、私は今の暮らしが気に入ってるのでこのまま引きこもって暮らしたい。です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク