この記事は2009年8月25日に書いたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください

勝間和代?いいじゃありませんか

勝間和代さんの、本は読んだことないし、ブログもちらっとしか見てないのに、だいたいどういう生い立ちの人か知ってるのは、その他の人たちのブログにたくさんの情報が書いてあるからです。

さして興味もないのに、情報が怒濤のごとく流入してくる。

勝間和代ってそれほどすごい人?
ばかだなぁ、みんないちいち騒いで、まんまと戦略にはまってるじゃん(笑)

世の中の男性は本気で考えたことがないかもしれませんが、中年で、離婚していて、ホームページが多少作れる程度で特に突出した能力や技術はないっていう女性が、本気で成功して自分の稼ぎで子供を大学まで通わせよう(←ひとつのたとえ)と思ったら、再婚以外にどういう方法があると思います?

私は、勝間女史が選択した方法しか、ないと思いますよ。
ホームページで多少知名度を得たのをきっかけに、ロッククライミングするみたいに、ごりごりと知名度アップです。

批判も非難もゴシップもどんとこい。

悪口のほうが広がるスピードが速いので、SEO的に歓迎です。
そうして勝間和代という固有名詞がどんどんネット上に増殖するたびに、そう、私だったら、ほくそえみますね。間違いなく。

私は、世の男性たちがブログで勝間女史を持ち上げたりこきおろしたりしている姿を見るにつけ、「それいけ、もっといけ!」とエールを送っていますよ。

同じような境遇を経験した者として。
勝間和代さん、がんばれ!って応援しています。
すでに有名人になったので、上手に巡航速度をキープして、激務で燃え尽きないように長い間がんばっていってほしいです。

私も2001年当時には、とにかく無理無理に目立ってなんとかするしかないんじゃないかと思い詰めた時期もありましたが、おかげさまで、最近ではそういう路線は全面放棄です。

とりあえず女社長だというだけで売りなるような年齢でもなし。
おまけに、基本的に出たがりじゃないし。
やっても成功しないと分かってることにエネルギーを浪費している暇はありません。

50の大台も目の前です。元気で活動できる時間は刻々と減っているので、時間とエネルギーはもっと大切なことに投資しないとね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク