【近況】スタートライン

ずっとお仕事については書いてなかったのですが、多分、ものすごく変わってます。

長いこと筆文字のネット販売がメインの仕事で、EC-CUBEの独自ショップを中心にAmazonとかCreemaとか、他にもいろんなサービスを試してはやめ、試してはやめ、していたのが、ざっと2016年までの話。

その後、2017年 2018年 2019年と、筆文字やWEB以外のお仕事をいろいろ始めました。今は某所に週2回パートで行っているのと、健康系商品の販売と、楽筆の協会ビジネスという感じです。

それがこのたび、2020年になって、楽筆が単なる資格ビジネスではなく「楽筆メソッド」としてひとつ上のステージに移行しました。

楽筆のメンタルケア効果については、去年までいろいろと、ほんとにいろいろと勉強し、調べ、あちこち相談を重ねた結果、精神科医の先生の知見を伺って、やっぱり楽筆にはメンタルケアの効果を期待できると確信できたので、単なる筆文字教室ではなく、心の健康にも役立つメンタルケア、さらに、アートを使った思考力のトレーニングまで含めて「楽筆メソッド」として、広げていくことになりました。

ここにきてようやく、私自身が、自分の仕事として関わる意味ができてきた感じです。

だって、筆文字に興味がない私にとって、筆文字を売るにせよ、書き方を教えるにせよ、興味ないことに変わりないじゃないですか。

でも、筆文字を使って、人が元気になるなら、話は別です。

しかもこれ、私も実際に元気になっていく人をこの目で見ていますので、価値に確信があります。

確信をもって勧められるかどうかは、どんなものやサービスを売るにも、すごく大事。中には確信なんかなくてもハッタリと勢いで売れる人もいるかもしれないけど、私、不器用なんでそんなことできません。

ほんとにいいと思ってるものは、いいよと勧めるし、まあいいかなと思ってるものは、まあいいかなと勧めるし、思ったことそのまましか、伝えられません。

だから、筆文字販売が苦しかった。購入する人は価値を感じて自分で決めて買ってくれてるのは分かるけど、私自身が商品の良さや価値を感じられないのに、コピーを書かなくちゃいけない、SEOのために無理くり記事を書かなくちゃいけないというのが、めっちゃくちゃ苦しかったです。

商品写真をぽんと載せとけばいいっていうなら、機械的にやればいいけど、現在のSEOは文字ベース。とくにコンテンツSEOとか言われはじめてからは、ほんとうに苦しみながら、自分はそう感じないけど、読者(潜在顧客)はきっとこういうふうに思うだろうな、というのを想像しながら、まるきり実感のないまま文章を書いて、2017年時点で、完全に燃え尽きて、人生全体が灰色に感じられるまでになっていました。

今思えばやはり無理をしていたし、あのまま続けたら、今度は私が鬱になる。というか、かなり鬱になっていて、正常じゃないところまで落ちていたかもしれません。

家を出て実家に1ヶ月居候して、そのまま実家に住もうかと本気で考えていたのが2017年の夏。

WEBショップ、完全に放棄しても、まったく気にもならず寂しくもなく、むしろ気が楽でせいせいした気分。

あまりに暇なので寝転がって「奇跡のコース」の朗読をYouTubeで延々と聞いて、そのへんで多分、潜在意識にそれが入っちゃったかもしれないんだけど、それにしても暇で、懐かしく感じたのは、たくさんやっていた勉強会。

実家にいたのでは、近隣に知り合いもいないし、勉強会もできないなぁと思って、それで、再び、家に戻ってきて、フルタイムで某所にパートにでて、筆文字の仕事には一切かかわらないようにしながら、何か新しいことをやろうと模索し始めた。

アフィリエイトのスクールに登録してガチのアフィリエイターを目指したり。(無理でしたが💦)

それでも新しいことを学ぶとそれなりにエネルギーが湧くので、だんだん元気になって、2018年の夏に、友人に誘われてWEBと関係ないネットワークのお仕事を始めて。

多分、私の人生が変わり始めたのはこのタイミング。

それまで、自分には商売の才能はないとか、営業は無理とか、思い込んでいたし、まあ実際、それはそうなんだけど、そもそも対面でモノを売る経験がなかった。

それが、アポを取って、いろんなアプローチを経てクロージングという、その場面を何度も見させていただく機会を得て、そういうの、横で見ていると、人が「その気になる」瞬間が見て分かる。そういう体験が今までなかったで、ほんとにびっくりしました。

また、自分でも、いろいろなやり方でお話しをさせていただく機会があり、そういう中で、「あ!こういうことか!」と分かる瞬間があって、今まで、モノを売るというのは、勧めることだと思っていたけど、正確には、勧める以前に、その人が欲しい気持ちになる、あるいは興味を持つ、そうなったときに、「いいと思うんだよね」とひと言添えるだけで、「じゃあ買うわ」となる。

そいうのって、多分、お仕事で営業をしてる人は全員が知っていることだったかもしれないけど、私は初めてで、そんなことも知らずにWEBショップ運営をしていたのかと驚くんだけど、でもまあ、知ったからといってWEBショップでモノが売れるわけじゃないので、今までやっていたことは方法論としては間違ってなかったんだけど、

とにかく、対面で商品を売る、ということから学べることって、ほんとに人生が変わる、生き方が変わるくらいの大きな気づき、大きな学びがありました。

それに私、お仕事で誰かに「助けてもらう」「手伝ってもらう」ということが今まで一切なかった。それがネットワークの仕事では、みんなが入れ替わり立ち替わり手伝ってくれたり励ましてくれて、そのうち仕事っていうんじゃなくて、普通に気心の知れた友人になっていく。それもすごい、今までにない貴重な経験、感覚でした。

って、過去形で書いてますが、その仕事、今も辞めてないけど、もっと面白いことができてきて、優先順位がかなり下がってます。今はもう、私のチームのサポートだけ、それさえ他の人にお願いしてる状態です。

でもこの、わずかだけど「私のチーム」って言える人たちがいるってのが私にとって初めてだし、超貴重。何がどうであれ、とにかくめっちゃ大切にしたいなぁと思うもん。

で、その後ハマったのが、筆文字のオンライン教材。

去年の9月に突然、動画教材を作ろうと思い立って、いろいろ調べ始めて、タイミングよく動画セミナーをやってる知人がいて、受講させてもらったりできて、さくさくさくっと、動画、撮って編集できてしまったのです。

今思い出しても、どうして突然動画を撮ろうと思ったのか、思い出せないんだけど、とにかく1本目がさくさくっと作れたら面白くなって、そのまま1ヶ月で15本、動画を作り、並行してWordPressで会員サイトを作って、講師専用動画教材の提供をスタートできてしまいました。思いついてから、1ヶ月半くらいで公開可能になっていました。

すごくない?

今まで何度も動画作成にはチャレンジして挫折、を繰り返していたのに今回はさくさくっと作れました。機材もソフトもよくなってるし、なおかつ解説動画がYouTubeにいっぱい。すごい時代になりましたね。

WordPressのほうも、以前にそういう会員制サイトをやろうとしていたことがあって、その時に一度、プラグインを見ていたので、今回すぐに対応できました。

すべては、過去から未来へ、あるいは未来から過去へ、織物のように組み合わさってつながっているなと、不思議な縁起を感じざるを得ないような、ほんとに素敵な1ヶ月半でした。楽しかったんです、作業していること自体が。

それで、その後、ああいう楽しみをもっとやりたいと思って、楽筆ではなく、WordPressの方面でもそうした、会員制スクールを構想しはじめ、今、リリースに向けて追い込みに入っているわけですが(追い込まずにこうしてブログ書いてますが)💦

その企画で、マーケティングについて書くことになって、いろいろ調べていたら、オートメーションの話がでてきて、それはまた、WordPressとは違う話なんだけど面白くて、そっちの研究にも時間がかかって、あっちもこっちもとっちらかった状態になっていますが、それでも。

筆文字販売がイヤすぎて鬱になって実家に引きこもったあの時とはすでに別世界。

私が41歳でこの道(自営業)に入ってほぼ20年。

最初のときの気持ちをまだ覚えてる。
どんな道でもいいけど、他人に依存せず自分で道を切り開き、成功する!って思ってた。二度と他人のせいで不幸になったりしないって。

簡単なことのはずだけどなんだか20年もたってしまったって、嘘みたい。

だけど、想いは今も変わらない。

特に40代以上の女性で、かつての私と同じように、自分らしく生きたいと思ってる人たちを「私のチーム」として励まし、応援したい。それは当時から思ってたけど、20年たった今、ようやくそういうことができる状況になってきたと感じるので、ちょっと、書いてみました。

長文、読んでくれてありがとう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク