エリクソン催眠だ!

岸先生のおすすめ


今週、月曜・火曜の2日間、大須で岸先生の秘密のエリクソン講習会。
秘密…なのかどうか分かりませんが、今回が初開催で、限られた人にしか告知されなかった特別な講習会で、運良く参加することができたので、エリクソン催眠を正面からしっかりと、学び、そして実習しました。

他の療法やセラピーの講習会の中で、一部、エリクソン催眠を扱うところはありますが、エリクソン催眠だけを教えるセミナーは、多分、今、ないんじゃないかと思うので、運命的な出会いというか、最適な時と場所に居合わせた感じです。

なんというかこの、私は別にセラピーやカウンセリングをやりたいわけでなく、治療とかしたいわけでもないんだけど、エリクソン催眠の超絶すごい無意識への浸透力を耳にするにつけて、どんどん興味がわいてきて、なんとかこの不思議なノウハウを学びたいと思ったのが、たしか今年の春先で、その時点ではまだどうやってセミナーを探したらいいのか皆目見当がついていませんでした。

それがこの8月の1日には、2日間の実習を終了しているのだから、時空を飛び越え、現実をちょっと早回ししたみたいな感じです💦

内容に関しては、まあ、ここに書いても意味不明でしょうし、そもそも私もちゃんと理解してなくて書くに書けないのでやめますが、
とりあえず2日間、大阪や福岡から参加した2人プラス、地元民2人の合計4人で、岸先生の地元大須で、味噌煮込みうどん、味仙の手羽先と台湾ラーメン、やっこのひつまぶし、などを食すグルメツアー、の合間にエリクソン催眠の講義と実習。てんこ盛り。

で、噂のエリクソン催眠というのをやってみた感想ですが、

今までいろいろ受けてきた瞑想の誘導とはかなり違う。
根本の姿勢はむしろ逆かも。

というくらい、
とにかく、直接的な誘導(リーディング)を極力使わない、Yesを取る、受容する、散りばめ話法やいろんな手法で、まるで、羊の群を柵のなかに追い込むように、間接的に誘導する。

なので、しゃべってて、トランスに入っているか入っていないか分からないうちに、なんとなくあれ?って感じでトランスに入ってるって感じ。
なかなかこの、導入のとこ難しいなーと思うんで、知り合いに頼んで練習させてもらおうと思ってるんですが、

ひとつだけ、分かったことがあります。

それは、私の、他に使うあてのない、無駄にもてあましていた「おはなし作り力」が、このエリクソン催眠では役に立つ。

小説にする構想力がなくて、作品にできない、利用価値のない想像力。
ゼロから新しい仕事開拓するのが仕事で、そういうときに、多少、役立ってきた「おはなし作り」の能力も、実際に仕事が始まると必要なのは実務なので、役立たない。そして私は同じことの繰り返しが嫌いで、常に新しい話を考えていたい。

そんな困った性分が、ここにきてようやく、日の目をみるかもしれない。
と、そんな予感がしましたよ。

なんて言いつつ、いったいどんなお話を語ったらいいのかも分からないのですが、それでも、ある部分で私はこれができるし、もしかして天職かもしれないわーと、勝手に思ったのでした。職業にするとかじゃないけど。治療家になるつもりはないので。

ま、とりあえず習ったことの復習。そして実践練習。です。

お近くの方、無料で何度でもさせていただきますので、人柱になっていただける方はぜひ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク