楽筆心理ワーク!

大須で参加したミニセミナーの伊井俊樹先生と、弊社代表かなだつとむの、コラボイベントの開催が決まりました。
  ▼
脳科学×アートで元気になる!@大須

対談イベントというものを主催したことがないので、当日の進行が心配ではありますが、
とりあえず!

まずはトライ。

つとむのライブパフォーマンスあり、うつ病からの回復体験談あり、伊井先生のノウハウ大公開のQ&Aコーナーありの、カジュアルな会になりますので、どうぞご参加くださいね!


それから、楽筆教室のほうで、懸案だった「心理ワーク系」コンテンツの詳細がようやく見えてきました。

ずっと考えていて、昨日までは、行き詰まった感じだったんだけど、今日ようやく、光が見えてきた感じで。

近日中には説明ページを作れると思います。楽しみ!

キーワードは、過去ではなく未来へのフォーカス

#ACT 
ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
第3世代認知行動療法で、悩みや不安を受容しつつ、ワクワクに向かって行動をうながす手法をとります。

旧来の心理ワークは、過去のトラウマを引っ張り出して、それを解決することに時間を使うけど、私は最近、問題に焦点を当てすぎると問題に捕らわれて問題解決=人生みたいになりかねないし、そもそも、過去を変えなくても、今が変われば自然と過去のいやなことの不快感も薄れていくので、過去より未来にフォーカスするやり方のほうがいいなーと思っていたので、ACTには賛同できます。

#エリクソン催眠
同様に、トラウマになっている出来事それ自体を意識で扱わず、無意識に直接アプローチする、エリクソン催眠的手法もいいなと思っています。
ちなみに、7月末に、エリクソン催眠のレッスンを名古屋で受けれることになりました。
セラピーではなく催眠のみ学びたかったので、ぴったりのセミナーが名古屋で開催されて、運良くその限定募集の場に居合わせることができて、ほんとにラッキーです。

もちろん私は自分で催眠セラピーやカウンセリングをやるつもりはないのですが、
ワークの内容を考えるのが大好物で、これからそれを仕事にしていこうと思ってるので、良いと思ったものは身をもって体験しないと気が済まない。

「好きを仕事に」ってよく言うけど、私にもようやくそのときが来たなと。
今までやっていた仕事の範囲が広がって、私の「好き」のフィールドにようやく入って来たと感じています。
若い頃から単に興味があって、仕事じゃないけど知りたくて、本を読んだり動画を見たりして蓄えていた知識や経験が、そのまま生かせるチャンスが巡ってきた。
そんな感じです。

手始めに楽筆を使ったワークを考えますが、次のステップとして、身体を使ったワークとかその他、とにかく顕在意識をゆるめて、無意識にアプローチする手法を探し、試していきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク