【読書】PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話 | ローレンス・レビー

スティーブ・ジョブズの1本の電話が「ピクサーの運命」を変えた | ピクサーのいままで語られなかったお金の話 | クーリエ・ジャポン

facebookで見かけたこの記事きっかけで書籍購入。

PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話 | ローレンス・レビー
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4866511133/

ひっさびさに面白くて、一気に読んでしまった。

ピクサーのIPOに関する細かいやりとりがとても面白かったってこともあるけど、やはりいっしょに仕事をしている相手が「スティーブ・ジョブズ」であるというところが、この本の最大の魅力。

レビ—も、最初から最後まで、ピクサーの文化と生み出される作品、そしてジョブズに夢中になっていた様子が伝わってきて、ある種の感動があった。

ビジネスって、モノをたくさん売って利益を出す活動、って思うけど、ジョブズがやりたかったことは、それよりもっと大きくて、誰も信じないけど自分はやれると思うことを、妥協せずにどんどんやる。

でも、ただ無謀なチャレンジをするのじゃなくて、ちゃんと人を見て、こいつは信用できると思った人と組むし、とことん議論を尽くしたり、プレゼンの準備を徹底的にやったりもする。

ジョブズほどでなくても、こんな人と組んで仕事ができたら、どれほど刺激的だろう。

また、自分がそのように、誰も信じない夢を妥協せずに信じて、まわりの人にまで信じさせる人になれたら、さらにすごいことだ。

そして、人の夢を信じてついていくか、自分の夢を信じて人にも信じてもらってやっていくか、人生は、そのどちらかだ。

とにかく、ジョブズの魅力が伝わる、ステキな一冊だった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク