【観劇】地球ゴージャス『ZEROTOPIA』@刈谷 見てきました!

5/30(水)、岸谷五朗と寺脇康文のユニット「地球ゴージャス」を見てきました。
地球ゴージャスって名前だけは知ってたけど、実際に舞台を見るのは初めてです。

『ZEROTOPIA』 – 地球ゴージャス プロデュース公演 Vol.15 刈谷市総合文化センター

舞台を見るのは久しぶり。
最後は宝塚の…なんだっけ…忘れた💦

今回の観劇のきっかけも、退団した星組トップの柚希礼音が出る! ということでした。
名古屋だったら行かなかったけど、刈谷まで来てくれるなら…という温度感。

なのであらかじめ予習もせず、ぶっつけ本番で観劇したわけですが、

…よかった!

T.M.Revolutionの西川貴教のナマ歌すごい!
後半は全部彼が歌って物語が進行したんじゃないかな。(というくらい存在感があった)

そして、ロビーでも客席でもささやかれる「マッケン…」「マッケンが…」「マッケンって…」
マッケンて誰。

新田真剣佑(あらた まっけんゆう)です。 まっけん…

王子様系のルックスとスタイルに加えて、運動能力半端ない迫力の殺陣。
歌も良くて、なにこれすごいじゃん!
千葉真一の息子だそうですね、武道の型ができてるので、動きが美しい。

あと、突然の引退が発表された元AKBの宮澤佐江も。
「歌、うまかったんだね」
って娘が言うほどの、存在感ある出来映え。

その他、全体としてダンスもすばらしく、後半どんどん盛り上がってきて、もうストーリーはどうだっていい、ただ楽しくて魅了される。

そんな舞台でした。

お目当ての柚希礼音は、予想に反して地味な性格の女の人の役だったけど、ちゃんとブロードウェイばりの豪華なシーンも用意されていて、
「とりあえずこれで払ったチケット代の元は取った」
と満足しました(爆)

踊り始めるともう誰も止められない。センターに立つと大きさが2倍。さすが宝塚のスターです。

地球ゴージャスの前回のバージョンには、やはり退団して間もない蘭寿とむが出演していて、なんでも、虫の役だったとか?
会場でDVD売ってたので、ちょっと見てみたいなーと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク